POSEPOSE

pose_img

平成24年8月の中央教育審議会答申により、「主体的学び(アクティブラーニング)」がキーワードとして注目されていますが、抽象的でわかりにくいのが現状です。
高等教育開発センターでは、「アクティブラーニング(能動的学修)」を “Student Engagement” と定義づけ、教学改善の活動に繋げています。アメリカの全米大学生調査(National Survey of Student Engagement, NSSE)では、学生の能動的な関与が大学教育に良い影響を及ぼすとの調査結果があります。言い換えれば、大学は学生を「主役」にすることによって大学教育が変わることを意味し、学生がより学習成果を生みだすことが可能になることを示唆しています。
本センターでは、”Promotion of Student Engagement” のスローガンを掲げ、その頭文字をとって “POSE” と名付けたキャッチフレーズを作りました。本センターは “POSE” を常に念頭に置いて、学生をいかに “Engage” させるかを中心に、SCOT研修やFD活動を実践していきます。
“POSE” のキャッチフレーズは、本センター客員教授L.D.フィンク博士に名付けていただきました。

保存


PAGE TOP