センター組織Organization Center

組織図

organization

活動内容

  1. 教育内容・方法改善のための調査、研究および支援
  2. 教育活動改善のための教育環境の整備の検討
  3. FDに関わる各種啓発活動および情報収集・提供
  4. 教職員の職能開発を目指した研修プログラムの開発・調査・支援
  5. 学部・学科、研究科等でのFD活動の情報交換および調査・支援
  6. 教育の国際化、情報化に対応するための調査、研究および支援
  7. その他高等教育開発センターの目的達成に必要な事項

センター規約

高等教育開発センター(英文名称:”Center for Teaching and Learning, Teikyo University” [略称CTL])は、本学の「建学の精神」および教育理念である「自分流」、教育指針である「実学・国際性・開放性」を実現する教育の推進のための活動を 進めます。
高等教育開発センターの設置・目的・FD定義等は以下の通りです。

設 置

高等教育開発センターは、帝京大学八王子キャンパスおよび帝京大学短期大学(以下、あわせて「本学」。)に設置します。

目 的

高等教育開発センターは、「高等教育における教授法、教育課程、教育評価等 の教授システムに関して調査・改善すること」および「ファカルティ・ディベロップメント(本学に所属する教員等が教育の質的向上を図るために組織的に取り 組む活動。

以下、「FD」。)を推進すること」を目的とします。

FD定義

建学の精神および本学独自の教育理念・教育指針のもと、学部・学科、研究科 等の教育目標の実現を目指して行われる、個々の授業やカリキュラムの改善、及びそれらを推進するための組織や教育環境の整備等について、教職協働、学生参画を基盤とする組織的、継続的な検証・改善に向けた取組の総称。

活 動

高等教育における教授法、教育課程、教育評価等の教授システムに関して調査・研究を推進し、とくに、教育の質を向上させる活動の特徴として、学生の視点に立った授業改善、教員の授業改善のためのポートフォリオの導入・活用、初任者研修等を含む教職員の職能開発に力を入れます。
本学に所属する教員等が教育の質的向上を図るために組織的に取り組む活動であるFDを推進します。

具体的な活動

  1. FDフォーラム・講演会・シンポジウム等の開催
  2. 教職員の職能開発を目指した研修会等の開催
  3. 学部・学科、研究科等のFD委員会と連携した活動支援

審議・運営

高等教育開発センターの目的を達成するために、本学の学部・学科、研究科等のFD委員会を統括し、次に掲げる事項を審議・運営をします。

  1. 教育内容・方法改善のための調査、研究および支援に関する事項
  2. 教育活動改善のための教育環境の整備の検討に関する事項
  3. FDに関わる各種啓発活動および情報収集・提供に関する事項
  4. 教職員の職能開発を目指した研修プログラムの開発・調査・支援に関する事項
  5. 学部・学科、研究科等でのFD活動の情報交換および調査・支援に関する事項
  6. 教育の国際化、情報化に対応するための調査、研究および支援に関する事項
  7. その他高等教育開発センターの目的達成に必要な事項

上記7項目に従い、より実質的で効果的な企画・実践を目指すとともに、国内外の高等教育機関や関連する組織、地域とも連携し、大学教育の質の向上に資する調査・研究、情報発信も行う組織として運営・活動をします。

組 織

高等教育開発センターは、次に掲げる専任スタッフ等で組織します。

  1. センター長(専任教授)1名
  2. センター専任教員(教授以下)1名以上
  3. センター事務局専任職員1名以上
  4. その他必要に応じて理事長・学長が委嘱する者若干名

客員教授制度

高等教育開発センターに客員教授等を置くことができます。客員教授等は本学以外の教育研究者等から選考します。

保存

保存

保存

保存

保存


PAGE TOP