SCOTトレーニング

目的

本トレーニングは、帝京大学八王子キャンパス・帝京大学短期大学に所属する学生のうち、SCOT(Student Consulting on Teaching:学生による授業コンサルティング)になることを希望する学生を対象に、SCOTとしての技能や知識の修得を目指し、CTLが実施するものです。
SCOTとなるには本トレーニングを受講し、修了しなければなりません。トレーニングは受講者の能動的な参加を基本とし、受講者同士のコミュニケーションによる相互トレーニングが中心となります。

トレーニングの概要

トレーニングは、①「大学に関すること」、②「大学授業に関すること」、③「コミュニケーションに関すること」、④「選択課題」の4領域と「インターンシップ」とで構成され、トレーニング期間は約6ヶ月です。(当該年度の10月開始、翌年3月修了)

■研修ポートフォリオ

(以下、「SCOTポートフォリオ」と称します。)
トレーニングの成果として、「SCOTポートフォリオ」を作成します。「SCOTポートフォリオ」とは、トレーニングでの取組やその成果について自己省察したものです。
①トレーニング開始にあわせてCTLより作成様式を配布します。
②トレーニング修了時にCTLに「SCOTポートフォリオ」を提出します。

受講上の注意

①受講者は、原則としてすべてのトレーニングに参加します。
②トレーニング中であっても、帝京大学のSCOT予定者として、より責任ある発言や行動が求められることは言うまでもありません。
③参加の程度や受講態度に問題があると認められた場合は、トレーニングの途中であっても受講を中止してもらう場合があります。
④トレーニングの途中に、CTLに関する行事や活動等への参加や支援を求める場合があります。これは義務ではありませんが、知識や経験を得る機会として積極的に協力をお願いします。
⑤トレーニングの終盤で、実際の授業で1〜2回程度、SCOTを経験してもらいます(インターンシップ)。
⑥受講や活動の様子を写真や動画で記録し、CTLのHPで紹介します。自身の写真や氏名、所属等の公開を希望しない学生は、事前に申し出てください。
⑦トレーニングや活動の様子を、CTLのHPにある「SCOT通信」等を通じて情報発信をします。原稿の作成や話題の提供をお願いすることがあります。
⑧受講に関する資料や必要な文房具等はCTLが準備しますが、課題学習やポートフォリオ作成の際には、自身の責任で教材や資料等を準備してもらう場合があります。
⑨トレーニングは原則として、月2回、火曜日の夕刻(午後18時〜19時半)から実施します。変更がある場合は、事前にメールやCTLのHPで周知します。


PAGE TOP