平成30年度 「SoTLプロジェクト2018」報告会を行いました

「SoTLプロジェクト2018」報告会では、今年度のSoTLプロジェクトに採択された6件の研究発表が行われました。

 

1年間のプロジェクトの成果が報告され、その後の質疑応答では多くの議論が交わされました。

 

医療技術学部スポーツ医療学科 永島 昇太郎先生からは、中高保健体育科教員を養成することを目的として、離島での野外活動の体験及び現地の中学生・高校生を対象としたスポーツ指導を行った事例研究についての報告がありました。

 

文学部社会学科の李 永淑先生からは、企業との協働イベントの事例研究についての報告がありました。アントレプレナーシップに着目し、授業における学びを実学として開放する方法などについて検討し、その可能性を明らかにしました。

 

理工学部の横山 明子先生、山本 美紀先生からは、学生が自律型学修者に成長することを目的として、初年次教育フレッシュマンセミナーにおける授業計画の実践及び多様な教育評価方法等についての報告がありました。

 

経済学部経営学科の川上 祐司先生からは、実データが「ある」「なし」による、マーケティングスキル獲得及び学習意欲への影響について、アンケート調査により検証した事例研究について報告がありました。

 

短大現代ビジネス学科の杉坂 郁子先生、申 智媛先生からは、学生たちが生涯設計をする上で、どのような教材が有効であるのか、この課題を明らかにするために、多彩なゲストスピーカーを呼ぶことによる学生の変容を分析する事例研究について報告がありました。

 

高等教育開発センターの安岡 高志先生からは、「自分流」の行動ができる学生を育成することを目的として、化学入門(講義形式)における事例研究について報告がありました。講義形式でもアクティブラーニング型の授業形態でも自分流の浸透は可能であることが明らかとなりました。

 

%e5%9b%b32
%e5%9b%b32

 

 

今回報告されたプロジェクト(代表者)は以下の通りです。

・「離島での野外活動と中・高校生へのスポーツ指導の実施による、体育・スポーツ指導者育成の総合的なプログラム」(医療技術学部スポーツ医療学科 永島 昇太郎先生)

・「実学の開放によるアントレプレナーシップ教育に関する実践研究―学生と社会的企業による協働を通して」(文学部社会学科 李 永淑先生)

・「理工系学部の初年次教育における自律型学修者の育成の試み-アクティブラーニングによる学科合同授業を通して-」(理工学部総合基礎科目 横山 明子先生)

・「実データベース活用によるITスキルおよびマーケティング分析力向上に向けた試み」(経済学部経営学科 川上 祐司先生)

・「『ライフデザイン演習II』における「10 年後の社会」と「10 年後の私」の構想のための教材開発研究」(短大現代ビジネス学科 杉坂 郁子先生)

・「『自分流』の行動ができる学生を育成する教育方法の確立」(高等教育開発センター 安岡 高志先生)


PAGE TOP