SCOTStudents Consulting on Teaching

学生による授業コンサルティング(SCOT)とは

scot_leaflet

  1. SCOTとは、希望する教員に対して、教室内活動に関する情報を収集して提供するプログラムです。
  2. このプログラムは、大学教育の質の向上と教室内活動を学生の視点から提供するもので、授業と学習に関心をもつ学生によって行われます。
  3. SCOTになるには、帝京大学に設置された高等教育開発センター(Center for Teaching and Learning:以下、CTL) で有益な情報を教員に提供できるように、
    シラバスとはどのようなものかなど、FDに関するトレーニングを数週間受けなければなりません。

SCOT リーフレット(PDF)

SCOTの特徴

  1. SCOTは、コンサルティングを行う授業に履修登録をしていない学生から選ばれるので、客観的な情報を教員に提供できます。
  2. SCOTは、現役の学生から選ばれるので、学生の視点に立った役立つ情報を教員に提供できます。

SCOTとしての責任

  1. SCOTとして任命された学生は、帝京大学の学生であることを忘れてはなりません。そのため、本学の建学の精神および理念を十分に理解したうえで、SCOT として責務を果たすことが求められます。
  2. SCOT は、本学の授業改善の仕事のみならず、大学を代表して、他大学での学生参加型の活動にも積極的に参加しなくてはなりません。
  3. CTL のホームページに活動報告を投稿したり、写真入りで活動が掲載されたりすることもあります。
  4. SCOTは、教室内で知り得た情報についての守秘義務があります。とくに、教室外において当該教員の授業方法などを「評価」することは禁じられています。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存


PAGE TOP